メッシュWi-Fiはマジでオススメ!最強に安定する理由

Wi-Fiルーター

春は引っ越しのシーズンです。

同時に通信環境も引っ越しになるわけですが、

さいきん引っ越ししたんだけど、Wi-Fiの電波がちゃんと届かないところがあって速度が遅いんだよなぁ・・・

こういった悩みについて解決していきたいと思います。

このように間取りや建物の構造が変わったとたんにWi-Fiの電波が届かない

という悩みは結構あるようですが、結論から言うと

メッシュWi-Fiがおすすめです。

今回の記事で分かること
  • そもそもメッシュWi-Fiとはなにか
  • メッシュWi-Fiと従来の中継機との違い
  • メッシュWi-Fiのメリット・デメリット

それでは解説していきますね。

メッシュWi-Fiとは

メッシュWi-Fiのメッシュとは、英語でMesh「網目」の意味です。

※余談ですが、髪色の一部を染めるメッシュは、フランス語のmècheが由来。

メッシュWi-Fiは、中継機をつかってネットワークを網目上に張り巡らせる技術です。まさに一網打尽なわけです。

メッシュWi-Fiと従来のWi-Fiの違う点

メッシュWi-Fiの良さを知るためには従来のWi-Fiについても理解しておきましょう。

従来型のWi-Fiルーターは負荷が大きくなりがち

従来型のWi-Fiルーターだと、スマホ・タブレット・ゲーム機にパソコンなどのさまざまなデバイスをWi-Fiルータ1台でインターネットに接続する仕様になります。

これまでのネット使用環境においてスマホ・PCで動画を見たりはするものの、それほど大きな負荷ではありませんでした。

でも最近では、テレビで動画配信サービスを利用したりしますよね。

我が家では、子供たちはプライムTVでアニメをみたり、妻はDAZNでスポーツ中継をみたりしています。

こういった負荷が大きくなってくると速度低下してしまい、

あれ!?ネットに繋がらない・・・。

という問題が起こる一因となるのです。

メッシュWi-Fiで負荷を分散できる

メッシュWi-Fiはサテライト と呼ばれる中継機を使用します。

このサテライトは、親機の分身という位置づけになります。なので親機と同じはたらきをしますので、大容量のデータ通信でも負荷を分散することができるのです。まさに一網打尽です。

従来のWi-Fiルーターでも中継はできたと思ったけど、何が違うの?

ガジェペン
ガジェペン

中継してくれるだけで、中継機は何も考えちゃくれないのさ

メッシュWi-Fiルーターと同じように見えますが、かなり違っています。従来の中継機は受け取った電波をただ親機に渡すだけで親機の負荷は変わらないのです。

従来の中継は、遠くのデバイスまで対応できる点がメリットで、負荷を抑えるという点は期待できません。(むしろ増える)

メッシュWi-FiルーターはSSIDの切替えが不要

従来のWi-Fiルーター+中継機では、Wi-Fiルーターにつなげるのか、中継機につなげるのかを手動で設定しなければなりません。

地味に面倒くさいですよね。

しかし、メッシュWi-Fiルーターでは設定は不要です。サテライトは親機の分身なので、親機で設定した接続設定がサテライトにも受け継がれているからです。

つまり、親機の電波よりサテライトの電波が強ければ、自動的に通信がサテライトに切り替わるのです。

これって煩わしさがかなり解消されますよね。設定を気にすることなく移動が可能なのですから、悩んでる方には最高ですね。

メッシュWi-Fiのメリット

メッシュWi-Fiルーターのメリットをまとめるとこうなります。

  • サテライトで離れた部屋にまで安定した電波を送れる
  • サテライトは親機と同じ動きなので負荷を分散できる
  • 親機⇔サテライトの通信設定が自動で切り替わる
  • 設定はカンタン!基本的にスマホアプリ操作だけでOK

素晴らしい!もうこれさえ持っていればOKですね

ガジェペン
ガジェペン

安易にメリットだけみると、逆に損することもあるゾ!

メッシュWi-Fiルーターのデメリット

ここまでメッシュWi-Fiルーターの魅力的な特徴をお伝えしてきましたが、デメリットが何もないわけではありません。

メッシュWi-Fiルーターのデメリット
  1. 高度な設定はできない
  2. ポート数が少ない
  3. ちょっと値段が高価

さあ、詳細を見ていきましょう。

メッシュWi-Fiは高度な設定ができない

従来のWi-Fiルーターでは、チャンネルの帯域変更など詳細な設定変更が可能ですが、メッシュWi-Fiルーターでは、カンタン設定仕様となっているため、細かい設定変更はできません。

ルーターの設定を自分流に変えたい!という方には、デメリットになるかもしれません。ただ日常使う分において、詳細な設定変更は必要ないでしょう。個人的に言うとデメリットとして感じません。

LANポートが少ない

メッシュWIFIルーターでは、有線LANのポートが少ないです。だいたいの機器をみると2つが主流です。3つのもありますが、ごく少数です。

ただ、どうしてもポートを増やしたいのであれば、スイッチングハブを付けてしまえばこの点はカンタンに解決できてしまいます。

値段が高め

この点が一番のデメリットと言えます。

従来のWi-Fiルーターは1万円以下で買えるものが多くありますが、メッシュWi-Fiルーターは、ルーター+サテライト1台で安くても2万円台。さらに高いものだと3万円以上します。

でも、これだけのメリットがあるのなら、金額が高くなるのは仕方ないとも言えます。それだけの価値があるということです。

これからさらに普及してくると値段が下がってくるとは思いますが、
いま現在、電波の悪さに悩んでいるのであれば、購入を検討した方がいいです。

おすすめメッシュWi-Fiルーター

通信速度・安定性・範囲・コスパ。すべての基準を満たした
2020年5月時点で最強のメッシュWi-Fiルーターが、
バッファローの「WRM−D2133HP/E1S」です。

こちらの記事、「メッシュWi-Fiおすすめ人気ランキング3選【2020年最新版】」で1位を獲得したメッシュWi-Fiルーターです。

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

コメント