【レビュー】NEC Wi-Fi6「PA-WX3600HP2」を3ヵ月使った結果が神すぎる…口コミ評判も含めて評価してみた

Wi-Fi

NEC「PA-WX3600HP2」が気になる。実際に使ってる人の口コミ・レビューが知りたいなぁ

たしかに口コミやレビューって買う前にチェックしておきたいですよね。

というわけで、今回はNECのWi-Fi6対応ルーター「PA-WX3600HP2」を実際に3か月間使った結果をレビューしていきます!

はじめに結論から言うと、

通信速度も高速なうえに安定性も文句なしなので、NEC「PA-WX3600HP2」買ってOKなWi-Fiルーターです!

ちなみに、これがファーストテイクで放ったWi-Fiの通信速度の実力です。

NEC「PA-WX3600HP2」の通信速度

後ほど詳しく説明しますが、Wi-Fiルーターから結構離れているボクの小さな書斎、下り320Mbpsの速さでした。

妻からも、

妻「スマホでネットがサクサク♪スゴイ!」

とお褒めの言葉をもらいました。

NEC「PA-WX3600HP2」で家族全員、ストレスフリーなネット環境を手に入れることができたので、おすすめできるWi-Fiルーターです。

それでは詳しくレビューしていきます!

NEC「PA-WX3600HP」とPA-WX3000とスペックの違い

「PA-WX3600HP」と「PA-WX3000」どっちがいいかな?そんなに差が無い気がするし・・・。

「PA-WX3600HP」の1つ下位モデルの「PA-WX3000」で、よく迷われる方がいます。

しかし

ボクの感覚ですが、たった2,000円程度の差でワンランク上のWi-Fiルーターが手に入るなら、
「PA-WX3600HP」一択です。

スペック差を見ていきましょう!

製品名/メーカーPA-WX3600HP/NECPA-WX3000HP2/NEC
画像nec-aterm-pa-wx3600hp2nec-aterm-pa-wx3000hp2
通信規格Wi-Fi6Wi-Fi6
速度(5GHz)2402Mbps2402Mbps
速度(2.4GHz)1147Mbps574Mbps
アンテナ数4x42x2
QoS
間取り(戸建)3階建て3階建て
間取り(マンション)4LDK4LDK
接続台数/人数36台/12人36台/12人
IPv6/IPv4IPv6(IPoE)IPv6(IPoE)

アンテナ(ストリーム)数4×4はやっぱり欲しい

アンテナ(ストリーム)数が多いほど、高速な通信速度が期待ができます。

そして、たくさんの機器でWi-Fiを同時につかったときでも、アンテナ数が多いとより安定した通信が期待できます。

実際に僕がテレワークでの会議中に、子供がYoutubeみたりオンラインゲームをやっていますが、

NEC「PA-WX3600HP」は平気にこなしてくれています。

QoSでテレワーク時に通信の優先順位づけができて安心

QoSは、通信の優先順位を付けられる機能です。

他の機器より通信の優先順位をあげられるので、テレワーク時やゲーム中に不安定なりにくいのが安心できるポイントです。

created by Rinker
¥12,788 (2022/11/28 19:31:50時点 楽天市場調べ-詳細)

NEC「PA-WX3600HP」を開封してみた

ではさっそく箱を開けていきます。

NEC「PA-WX3600HP2」を開封

実は、NEC製のWi-Fiルーターを使うのは今回はじめてだったので、内心ドキドキでした。

箱の中身を早速チェック

それでは箱の中身を確認していきます。

NEC「PA-WX3600HP2」の箱に入っている同封物

「PA-WX3600HP」の箱の中身は以下です。

  • PA-WX3600HP(本体)
  • スタンド
  • ACアダプタ
  • 説明書(つなぎかたガイド)※保証書付
  • LANケーブル(カテゴリ5e ストレート)
  • らくらくQR用スタート用コード(シール)

思ったより本体のサイズが大きくない印象です。

LANケーブルは、いまのところ一番普及しているカテゴリ5e(CAT5e)です。

より回線速度をあげて動画をサクサクみたい方は、カテゴリ6(CAT6)カテゴリ6A(CAT6A)を選ぶとよいでしょう。

ボクはもっぱらカテゴリ5eですが、カテゴリ6A(CAT6A)に買い替えを検討している最中です!

スタンドはウラ面にも装着可能

NEC「PA-WX3600HP2」本体の裏

スタンドは本体の底面とウラ面(側面)につけられますので、壁掛けもできます。

我が家は底面にスタンドをつけて使用しています。

NEC「PA-WX3600HP」を設定してみた

ではさっそく設定です。

説明書はわかりやすく、そのとおりに繋いでいくだけなので、正直かなりカンタンでした。

インターネット接続までの手順は3ステップです。

  1. 本体を設置して電源を入れる
  2. Wi-Fiを接続する
  3. インターネットに接続する

本体を設置して電源を入れる

NEC「PA-WX3600HP2」をLANケーブルでONUに接続

本体にスタンドをつけて、WANポートにLANケーブルを接続します。(この時、ONUの電源は切っておく)

さきほどのLANケーブルをONUのLANポートに接続する。

NEC「PA-WX3600HP2」の電源を入れる

ONU➡Wi-Fiルーター(PA-WX3600HP)の順に電源を入れて80秒ほど待ち、本体ランプが点灯すればOK!

Wi-Fiを接続する

NEC「PA-WX3600HP2」のQRコードにアクセスしてWi-Fi接続する

付属のらくらくQRスタート用QRコードをスマホで読み込み、アクセスすればカンタンにWi-Fiに接続できます。

手動でWi-Fi接続する場合

まずは「PA-WX3600HP」に貼られているラベルを確認。プライマリSSIDと暗号化キーをチェックしておく。(カメラでラベルを撮っておくとよい)

ラベルと同じSSIDを選択

PCやスマホのWi-Fiをオンにして、表示されたSSIDの中からラベルと同じSSIDを選択します。

「パスワード」にラベルに書かれた暗号化キーを入力

つぎにパスワードが求められるので、ラベルにある暗号化キーを入力して接続したら完了です。

QRでも手動でもカンタンにWi-Fi接続できるね!

NEC「PA-WX3600HP」のWi-Fi電波を家中で測ってみた

Wi-Fiがつながったので、Wi-Fi電波の強さを検証していきます。

まずは我が家のカンタンな間取りと「PA-WX3600HP」の設置場所を公開します。

NEC「PA-WX3600HP2」で家中のWi-Fi電波を計ってみた1

1階の収納スペースにWi-Fiルーターを設置していますが、実はあまり良い設置場所ではないです。

なぜなら、収納スペースは四方が囲まれているうえに、まわりにたくさんの物があるので、電波がさえぎられやすくなるためです。

我が家では、やむを得ず収納スペースにWi-Fiルーターを置いているわけです。(失敗したなぁ・・・)

検証方法:Wi-Fiミレルをつかって各部屋の電波強度を調査

まずは、スマホアプリのWi-Fiミレルをインストールし、間取り画像をアプリに挿入。

各部屋でのWi-Fi強度を測定した結果が以下です。

NEC「PA-WX3600HP2」で家中のWi-Fi電波を計ってみた2

◎が測定位置で、100に近いほど電波が強いという判定になります。

見ての通り、1階も2階もたいした差はなく、各部屋80以上をキープしています。

だからどの部屋でもネットが快適にできるんだね!

そう、だから自信をもってNEC「PA-WX3600HP」を進められるワケです!

NEC「PA-WX3600HP」を買った5つの理由

NEC「PA-WX3600HP2」を買った5つの理由

ここまでおすすめするNEC「PA-WX3600HP」をなぜ買ったのか5つの理由があるので紹介します。

QoS(優先通信制御)でテレワークが安心できる

買った理由の大きなキーワードが「テレワーク対応」でした。

テレワーク中、子供達が学校から帰ってきたらゲームやらネットテレビやらでWi-Fiをバンバン使うわけです。

すると、以前のWi-FiルーターのときVPN接続が急に切れたり、ファイルのやりとりが遅くなったりとストレスMAXでした。

わたし「これじゃ仕事にならな~い汗 テレワーク中はWi-Fi使わないでくれ~」

子供たち「え~やだよぉ(涙)」

そんななか、見つけたのが多くの機器につなげられ、QoS(優先通信制御)をもつNEC「PA-WX3600HP」でした。

QoS(優先通信制御)とは?

データ通信の優先順位を決めることができる機能です。

QoSを使ってからは、テレワーク中のトラブルがまったく無くなり快適そのものです!

サクサク操作ができるので設定が気軽

わたしの感想ですが、NECの設定画面は直感的でわかりやすく迷わずサクサク設定できます。

さきの「QoS」の他にも、ネットができる時間を制御する「こども安心ネットタイマー」なども設定しているのですが、1~2分で完了しました。

余裕のスペックで家族のこれからをカバー

間違いなく子供たちは数年以内にスマホを持つようになるだろうし、何らかのオンラインレッスンを受けることを予測しています。

となるとエントリーモデルだと不安ですよね。

最新の「Wi-Fi6」で速度と安定性は欲しい

アンテナ数は4×4は欲しいな

QoSでテレワークを快適にこなしたい

もちろんIPv6(IPoE)でサクサク使いたい

など考えたなかで行き着いたのが、NEC「PA-WX3600HP」でした。

バッファロー「WSR-5400AX6」とコスパで比較

ただ、NEC「PA-WX3600HP」以外の候補も実はありました。

それは、バッファロー「WSR-5400AX6」です。

我が家では馴染みのバッファロー製でいて、余裕のハイスペックなのがバッファロー「WSR-5400AX6

正直メチャクチャ悩んだのですが、最終的にはコスパでNEC「PA-WX3600HP」に軍配があがり購入にいたったのでした。

スペックと価格を比較してみます。

製品名/メーカーPA-WX3600HP/NECWSR-5400AX6/バッファロー
画像nec-aterm-pa-wx3600hp2buffalo-wsr-5400ax6s
通信規格Wi-Fi6Wi-Fi6
速度(5GHz)2402Mbps4803Mbps
速度(2.4GHz)1147Mbps573Mbps
アンテナ数4x45GHz 4×4/2.4GHz 2×2
QoS
間取り(戸建)3階建て3階建て
間取り(マンション)4LDK4LDK
接続台数/人数36台/12人30台/10人
IPv6/IPv4IPv6(IPoE)IPv6(IPoE)
価格(税込)約13,500円約15,000円

WSR-5400AX6は、5GHzの通信速度は2倍くらいあり、確かに魅力的です。

でも、NEC「PA-WX3600HP」は2.4GHzが速く、QoS機能付きなのにコスパで優位です。

一円でも安いものに食いつく私のハートをNEC「PA-WX3600HP」が射抜いたのでした。

NECのWi-Fiルーターを使ってみたかった

バッファロー製のWi-Fiルーターしか使ったことがなかったので、単純にバッファロー製以外も使ってみたかったのも理由です。

バッファロー以外で王道を考えたとき、NEC製のWi-Fiルーターがすぐに思いついたわけです。

もちろん他メーカーが劣るわけではなく、私のただの主観でNEC製のWi-Fiルーターを選んだだけで、いつかは他メーカーのWi-Fiルーターも検証する予定です。

NEC「PA-WX3600HP」のイマイチなところ

NEC「PA-WX3600HP2」のイマイチなところ

いまのところ、不満点はないのですが「欲を言うなら・・・」という観点で、「PA-WX3600HP」のイマイチなところを説明します。

NEC「PA-WX3600HP」のイマイチなところ
  • メッシュ機能がついていない
  • NAS機能が付いていない

メッシュ機能がついていない

※メッシュWi-Fiとは?の記事にリンク

メッシュとは、複数のWi-Fiルーターで網目(メッシュ)のようにネットワークを張り巡らせ、屋内全体をカバーする機能です。

通常の中継器と似ているようで違います。

通常の中継器の場合は、SSIDの切り替えが必要ですが、メッシュ機能は1つのSSIDで最適なWi-Fiルーターを自動で選んでくれます。

とはいえ、我が家はさっきの電波強度を見る限り1台で家中カバーできているので問題はないです。

NAS機能がついていない

NASとは、ネット接続機能がついたHDDのことを指します。

Wi-FiルーターとLANケーブルで接続することで、外出先からでもNASに接続することができ、データのやり取りができます。

しかし、NEC「PA-WX3600HP」にはNASと接続する機能がないため、利用できないのがイマイチなところ。

我が家は外付けHDD、パソコン間のネットワーク共有などを利用したデータのやり取りで今のところ済ませている状況ですね。

NEC「PA-WX3600HP」の5つの良いところ

NEC「PA-WX3600HP2」の5つの良いところ

NEC「PA-WX3600HP」の買って良かったところは主に5つです。

  • とにかく通信がサクサクで速い
  • どこの部屋でもWi-Fiが安定している
  • 優先設定でテレワークの不安がない
  • こどものWi-Fi接続時間を制限できる
  • 「PA-WX3600HP」の外観がカッコイイ

それぞれ詳しく解説します。

とにかく通信がサクサクで速い

大事なポイントとしては、「Wi-Fi6」で「アンテナ数が4×4」を狙って買ったのですが、間違いありませんでした。

「PA-WX3600HP」から離れた場所でも320Mbpsの通信速度。

フルHD動画でも待ち時間なくサクサクです!

どこの部屋でもWi-Fiが安定している

よくある現象で、Wi-Fiルーターの近くは電波が安定しているけど、少し離れたり障害物があると通信が不安定になってしまうことがあります。

以前のWi-Fiルーターでは、一番離れた場所では電波が弱くて途切れてしまうこともありました。

でも、「PA-WX3600HP」はまったく電波が途切れることがなく、どこでも快適にネットができるようになりました。

優先設定でテレワークの不安がない

テレワークをされる方は、家族がネットを頻繁に使うなら注意が必要です!

通常だと、ネットの通信速度が他の機器に引っ張られて遅くなる場合があります。

わたしがまさにその経験をして、オンライン会議で会社に迷惑をかけてしまいました・・・。

「PA-WX3600HP」は、QoS(優先通信制御)があるので仕事PCの通信を優先にできます。

「PA-WX3600HP」を使用してからは、家族がどれだけネットを使用しても、まったく通信が途切れることなく安定してくれています。

こどものWi-Fi接続時間を制限できる

Wi-Fi接続時間の制御は、各メーカーのWi-Fiルーターでもできますが、

NECの「こども安心ネットタイマー」の設定画面は、直感的で操作しやすいのが好きですね。

「PA-WX3600HP」の外観がカッコイイ

完全に個人の感想です。

マットな質の外観が、上位クラスのWi-Fiルーター感を醸し出していてカッコイイです。

思ってたよりサイズも大きくなく、スッキリしていますね。

NEC「PA-WX3600HP」の口コミ評判

NEC「PA-WX3600HP2」の口コミ評判

僕のレビューだけではもの足りないので、他の購入者の口コミ評判をみてみましょう。

まずは悪い評判から。

NEC「PA-WX3600HP」の悪い口コミ評判

初期不具合の口コミが結構あるのね・・・。

初期不具合は、どのメーカーでもやっぱりゼロにはできない。
サポートセンターに相談するのが手っ取り早いよ!

ちなみに、わたしは過去に初期不具合のWi-Fiルーターに出会ったことはないです。。。

では次に良い口コミ評判をみていきましょう。

NEC「PA-WX3600HP」の良い口コミ評判

えっ!みんな筆者のおはまるさんより通信が速くなってる!

充分快適にネットができる通信速度がでているね!

おはまるさんも含めて・・・

なぜか負けた気分がしますが、皆さん「PA-WX3600HP」の通信速度に満足されてますね!

まとめ

以上がNEC「PA-WX3600HP」を使ってみたレビューでした。

本記事の内容をおさらいすると、

NEC「PA-WX3600HP」は、

最新の「Wi-Fi6」で速度と安定性は欲しい

アンテナ数は4×4は欲しいな

QoSでテレワークを快適にこなしたい

もちろんIPv6(IPoE)でサクサク使いたい

といったワガママな要望も叶えてくれる機種です。

Wi-Fiルーターを選ぶのに迷ったら、NEC「PA-WX3600HP」を買えば間違いないです!

僕と一緒にNEC「PA-WX3600HP」ユーザーになって、ストレスフリーなネット環境を手に入れちゃいましょう!

それでは、また。

ここまで読んでまだ迷っているあなた!

用途別のおすすめWi-Fiルーターを選び方とともに紹介している記事があるので、参考にしてみてください。

【2022年最新】おすすめWi-Fiルーターを用途別に比較してベストワンを選んでみた ~選び方解説あり~

コメント