【コスパ最強!】Buffalo「WSR-3200AX4S」1万円ちょっとでWi-Fi6の4ストリーム対応は嬉しすぎる

bufflo wsr-3200ax4s レビューあり Wi-Fi6

最新のWi-Fiルーターをなるべく安く買いたいんだけど、いいのないかな?

このような要望について答えていきます。(口コミレビューもあり)

いま注目のWi-Fi6を搭載しながらも安くて高速で使えるWi-Fi6対応ルーターを紹介します。

それは、Buffalo「WSR-3200AX4S」になります。

こちらのWi-Fiルーターは、BuffaloのWi-Fi6シリーズ5機種のスタンダードモデルとして登場!

2020年12月1日に発売された最新Wi-Fiルーターになります。
気になったあなた、ぜひチラッと覗いてみてください。

※21年6月時点、1万円を切って販売中の店舗があります!買うならいま

【コスパ最強!】Buffalo「WSR-3200AX4S」は1万円ちょっとでWi-Fi6の4ストリーム対応

「Wi-Fi6対応ルーター」だけで考えると、実は8,000円以下でも購入は可能ではあります。

製品名
/メーカー
Archer AX10 
/ TP-Link
WSR-1800AX4 
/ Baffalo
WN-DAX1800GR
/ I-O DATA
画像
通信規格 Wi-Fi 6 Wi-Fi 6 Wi-Fi 6
最高速度 5 GHz: 1201 Mbps 
2.4 GHz: 300 Mbps
5 GHz: 1201 Mbps 
2.4 GHz: 573 Mbps 
5 GHz: 867 Mbps
2.4 GHz: 574 Mbps 
ストリーム数 2 2 2
付加機能 ・ビームフォーミング
・デュアルバンド

・ビームフォーミング
・デュアルバンド
・MU-MIMO
・ビームフォーミング
・デュアルバンド
・MU-MIMO
セキュリティ WPA2 WPA3 WPA3
価格 7,007円(税込) 7,569円(税込) 7,633円(税込)

じゃあ8,000円以下のWi-Fi6対応ルーターで良くない?

たしかに8,000円以下とは言え、これらエントリーモデルでも高性能なのは間違いないです。


これで満足であれば、もちろん良い選択ではありますよ!

ですが、さらにWi-Fi6の実力を享受して、より速くより安定したWi-Fi環境を構築したいのなら、

最新のスタンダードモデルである「WSR-3200AX4S」をおすすめします

Buffalo「WSR-3200AX4S」とエントリーモデルとの違い

製品名
/メーカー
WSR-3200AX4S 
/ Baffalo
WSR-1800AX4 
/ Baffalo
WN-DAX1800GR
/ I-O DATA
画像 WSR-3200AX4S  / Baffalo WSR-1800AX4  / Baffalo WN-DAX1800GR / I-O DATA
通信規格 Wi-Fi 6 Wi-Fi 6 Wi-Fi 6
最高速度 5 GHz: 2401 Mbps 
2.4 GHz: 800 Mbps
5 GHz: 1201 Mbps 
2.4 GHz: 573 Mbps 
5 GHz: 867 Mbps
2.4 GHz: 574 Mbps 
ストリーム数 4 2 2
付加機能 ・ビームフォーミング
・デュアルバンド
MU-MIMO
・ビームフォーミング
・デュアルバンド
・MU-MIMO
・ビームフォーミング
・デュアルバンド
・MU-MIMO
セキュリティ WPA3 WPA3 WPA3

最高速度がエントリーモデルより2倍くらい速い♪

そうなんです。ストリーム数が4本とエントリーモデルに比べて倍なので通信速度も飛躍的に向上しているのです。

エントリーモデルが気になった方は、こちらをチェックしてみてください!

\ エントリーモデルが気になった方はこちらをチェック! /

Wi-Fiルーターのストリーム数とは何?

ストリーム数とは、Wi-Fiルーターのアンテナ数のことを差して言います。

そしてアンテナの数が、通信速度を左右し、通信の安定性にも影響があるのです。

このように複数のストリームを同時に使うことで、最大通信速度を向上させる技術です。


ストリーム数は2~4本が一般的ななか、「WSR-3200AX4S」はストリーム数が4本となっていてより通信速度が向上し、安定した機種なのでよりストレスフリーなのです。

Buffalo「WSR-3200AX4S」の価格帯で比較するWi-Fiルーター3機種

「WSR-3200AX4S」は11/13時点、楽天で13,200円(税込)で販売となっています。
同価格で買える、ほかのWi-Fiルーターをみてみましょう。

製品名
/メーカー
WSR-3200AX4S 
/ Baffalo
Archer AX50
/ TP-LINK
AX4 RAX40-100JPS
/ NETGEAR
画像 WSR-3200AX4S  / Baffalo AX4 RAX40-100JPS
通信規格 Wi-Fi 6 Wi-Fi 6 Wi-Fi 6
最高速度 5 GHz: 2401 Mbps 
2.4 GHz: 800 Mbps
5 GHz: 2402 Mbps 
2.4 GHz: 573 Mbps 

5 GHz: 2402 Mbps
2.4 GHz: 574 Mbps 

ストリーム数 4 4 4
IPv4/IPv6 IPv6 IPv4 IPv4
付加機能 ・ビームフォーミング
・デュアルバンド
・MU-MIMO
・ビームフォーミング
・デュアルバンド
・MU-MIMO
・ビームフォーミング
・デュアルバンド
・MU-MIMO
セキュリティ WPA3 WPA3 WPA3
価格 13,200円((税込))  11,091円(税込)  15,180円(税込)

今回の3機種のなかで、「WSR-3200AX4S」のメリットは、次世代規格であるIPv6に対応している点です。それ以外はほぼ同等なスペックです。

価格だけを見るなら、Archer AX50がお得ではあります。(実は結構人気があります・・・)

\ これも人気がある機種です! /

Buffalo「WSR-3200AX4S」のメリット・デメリット

では、ここまでの情報をぎゅっとまとめて、「Archer A6」のメリットとデメリットをみて見ましょう。

WSR-3200AX4S」のメリット
  • 他社に比べてWi-Fi6で4ストリームなのにコスパが良い
  • Wi-Fi範囲が広い
  • セキュリティも万全
WSR-3200AX4S」のデメリット
  • サイズが大きい
  • 見た目が簡素

になります。

それでは、一つ一つ見てみましょう。

「WSR-3200AX4S」のメリット① 同一機種内ではコスパが良い

Wi-Fi6対応で4ストリームのWi-Fiルーターが、13,200円とかなり安いのが魅力ですね。

「WSR-3200AX4S」のメリット② Wi-Fi範囲が広い

4本のアンテナを内蔵。4本のアンテナが、電波を増幅させて広いエリアをカバーします。推奨の部屋の間取りは、3LDKになります。

推奨接続台数は21台で推奨最大人数が7人となっていますので充分ですね!

ビームフォーミング技術採用で、電波が安定

ビームフォーミングとは、電波をデバイスに集中的に送ることができる技術で障害物があっても大きな減衰はなく、通信することができます。

MU-MIMOという技術も採用され、たくさんつないでも速度が安定

従来だと、同時に接続しているようにみえて実は1度に1台のみしか接続できなかったのです。

複数のデバイスと接続する場合、高速に電波を切り替えてあたかも同時に接続しているようにみえているだけでした。

しかし、MU-MIMO技術が搭載されているWi-Fiルーターは、事実上複数台のデバイスと同時接続できるのです。

「WSR-3200AX4S」のメリット③ セキュリティも万全

現在最新のWPA3(Wireless Protected Access 3)を採用しています。

不正なデバイスへの侵入などのクラッキングリスクを軽減します。また万が一、ハッキングされてデータを抜き取られたとしても、データは高度に暗号化されているため、ハッカーが入手したデータを解読できないようにします。

「WSR-3200AX4S」のデメリット① プラス2000円くらいでグレードアップできる

正直これといったデメリットやマイナス要因がみつからないのですが、強いて言えば、

プラス2000円くらいすると、バッファロー製品でいうならプレミアモデルの「WSR-5400
AX6
」が買えちゃう点です。

予算がもし許すのであれば、「WSR-5400AX6」を検討してもいいかもしれませんね!

WSR-3200AX4Sの口コミレビュー

※さらにスペックがほしい方は、1ランク上の「WSR-5400AX6」もあります。値段も上がりますが、「WSR-5400AX6」はかなり人気なので気になる方はチェックしてみてください。

まとめ

発売が12月上旬となっている「WSR-3200AX4S」は、お手軽に次世代規格であるWi-Fi6をしっかり堪能できる製品です。

「WSR-3200AX4S」を手に入れてストレスフリーなネット環境を是非構築しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました