ポケットモバイル(ポケモバクラウド)のリスクに注意!口コミ評判とメリット・デメリットを解説

ポケットモバイル(ポケモバクラウド)のリスクに注意!口コミ評判とメリット・デメリットを解説 ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiを使いたいけどなるべく安い方がいいな。
ポケットモバイル(ポケモバクラウド)が安く使えそうだけど実際どうなんだろう?

こういう疑問ありますよね。

結論から言うと、現時点コスパで選ぶなら、ポケットモバイルがおすすめです。

無制限で使えるポケットWi-Fiが月額3,718円(税込)~というのは、かなり安いです。

でも、安さのウラになにか問題があるのでは?と考えちゃいますよね?

チェック

実際に、悪いウワサも少なからずあるようです。

そこで当サイトではポケットモバイルの詳細調査をしました。

本記事でわかること

  • ポケットモバイルのコスパ・機能・制約
  • ポケットモバイルのメリット・デメリット
  • ポケットモバイルの口コミ評判

当サイトで不安を解消できたらポケットモバイルを検討してみてくださいね。

それではいきましょう!

データ容量100GB【ポケットモバイル】

ポケットモバイルの月額料金の安さ

モバイルWi-Fiの業界は、複数社でしのぎを削っている状況で、価格面での競争から差別化をねらっています。

月額料金の安さはトップクラス

ポケモバクラウド(ポケットモバイル)は月額料金3,718円(税込)で永久に利用できる非常に低価格なモバイルWi-Fiです。

あとはその他、事務手数料と端末代も気になると思いますが、

事務手数料 3,300円(税込)
端末代 無料(レンタル)

事務手数料は他の業者との違いはありませんね。端末代については、レンタルのため無料です。

注意点

ただ、端末はレンタルになりますので、もしも破損してしまった場合や紛失した場合は、18,000 円の費用が掛かるので注意が必要です。

違約金には注意

契約解除料 0〜24ヶ月目:4,950円(税込)
25ヶ月目:更新月0円
26ヶ月目〜:4,950円(税込)

ポケモバクラウド(ポケットモバイル)の契約期間は2年(24ヶ月)自動更新になります。

更新月である25ヶ月目以外での解約は違約金の対象になってしまいますので、ここは要注意ですね。

「2年は間違いなく使うよ!」という方には問題ありません。

ただ、他社では契約解除料(違約金)が9,000円という場合もあるので、

ポケットモバイルの4,950円(税込)の違約金は比較してみると良心的ですね。

データ容量100GB【ポケットモバイル】

ポケットモバイルの端末と機能を調査

肝心の端末が何をつかっているのかをみてみましょう。
レンタル端末とはいえ、粗悪なものでは困りますからね!

チェック!

公式サイトにはない、端末の使い勝手について、デメリットも書いてますので
ご覧ください。

 機種名 U3
 外観 U3
 月額料金 3,250円(税抜) 
通信速度

下り最大 500Mbps
上り最大 50Mbps

連続通信時間 12時間
重量 125g
ディスプレイ なし

それではU3について詳しく解説していきます。

「U3」の外観

U3

サイズ感としてはスマホくらいで、ディスプレイのないタイプになります。


つかったギガ数はU3にアクセスして確認することになります。

「ポケットモバイル」から届いたSSIDとパスワードを入力して、U3と接続し、

192.168.43.1にアクセスして管理画面から使用したギガ数を確認してください。

端末状況の確認方法

電池残量とか電波の強さとかは見ることはできないの?

心配になりますよね。でも大丈夫です。

ここに端末状況を確認できるランプがあります。
3つのマークがWiFiランプ・電波ランプ・バッテリーランプ。
丸いランプが4つ並んでいるのは、電波の強度やバッテリー残量を表示するためのものです。

端末状況確認ランプの見かた

確認ランプについて細かくみてみましょう。

WiFiランプ

モバイルWi-Fiの端末がWi-Fiを飛ばせているかを確認できます。

電波ランプ

モバイルWi-Fiの端末が4G(LTE)をキャッチできているかを確認できます。

バッテリーランプ

モバイルWi-Fiの端末の電池残量を確認できます。ちなみにフル充電で約12時間使用できます。

電波の強さと電池残量の表示方法

実際に確認する方法は、以下に図を張ってますが、いたってカンタンです。

ちなみに電源ボタンは、一般的なスマホと同様に端末の側面にありますよ!

データ容量100GB【ポケットモバイル】

U3のスペックで注意すべき点

さて、スペックを見てみましょう。

端末名U3
カラーグレー
寸法126 x 66 x 10 mm
ディスプレイなし
重量149g
Wi-FiプロトコルIEEE802.11b/g/n
上り速度最大50Mbps
下り速度最大150Mbps
周波数バンド
(外付けSIMカード含め)
LTE-FDD Band: 1/2/3/4/5/7/8/9/12/13/17/18/19/20/26/28/66
LTE-TDD Band: 34/38/39/40/41(200M)
WCDMA Band: 1/2/4/5/6/8/9/19
GSM:850/900/1800/1900 MHz
バッテリー容量3000mAh
連続稼働時間約12時間
Wi-Fi通信規格IEEE802.11b/g/n
RAM+ROM1GB+8GB
対応コネクタUSB Type-C
モバイルバッテリー機能なし
SIM カードスロット1:microSIM
Wi-Fi接続可能台数最大10台

通信速度や連続稼働時間については何も問題なさそうですが、気になる点として2点あげておきます。

対応コネクタはType-C

U3では現在主流になってきている「Type-C」が採用されいています。

Wi-Fi接続可能台数が最大10台

一人だとPC+スマホで2台分、多くても3台分Wi-Fiに接続できれば基本大丈夫かと
思いますが、複数PCと複数スマホをWi-Fiに接続するつもりであれば、注意が必要です。

データ容量100GB【ポケットモバイル】

ポケットモバイルのデメリット

解約金が掛かる

先にも書いていますが、解約金が4,950円(税込)なのが気になりますね。

このデメリットを回避するためには2つのポイントがありますので抑えておきましょう。

デメリットを避けるポイント
  • 契約後、2年間はかならず使う
  • 更新月を忘れない

この2点を抑えておけば、不要に解約金を払う必要がないので回避することができます。

でも、
もし電波が届かないとか、
Wi-Fiが繋がりづらいとかの不具合があったらどうしよう?

電波に関していうと、モバイルWi-Fiはスマホと同じLTE回線を使用しているので、スマホが使える環境であれば問題なく使えますので大丈夫です。

でも、もしそれでも繋がらないなどの不具合があった場合は、迷わずクーリングオフをしましょう

モバイルWi-Fiが手元に届いてから8日以内であれば、違約金なしで解約できます。
早めに連絡してしまいましょう。

注意点あり!

クーリングオフによって、違約金はかからず、月額料金も無料になりますが、
事務手数料の3,300円(税込)は掛かってしまいます。

また、モバイルWi-Fiの返送料も必要になります。

ソフトバンク回線に基本つながる

ポケットモバイルは、3キャリア(DOCOMO、au、SoftBank)の電波のなかから最適な電波を選んで使用する仕組みにはなっています。

しかし、実際に選ばれる電波はSoftBankがほとんどのようです。

したがって、SoftBank回線が弱いエリア(今時少ないかもしれませんが・・・)での使用が多いのであれば不向きです

万が一、回線が弱くて使えないようでしたら、上記のようにクーリングオフすれば、大きな損をしなくてすみます。

知名度がまだ低い

ポケットモバイルのサービスを開始したのが、2020年3月から新規参入ということで、知名度がまだ低いのは当然と言えば当然です。

運営している会社自体は2009年設立で、主にネット回線の代理店を主として展開している企業のようです。

設立10年以上の実績からも決して怪しい企業なんかではありません。安心して大丈夫です。

一応、会社情報を載せておきますね。

会社名株式会社ポケットモバイル
所在地〒150-0002
東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル8F
TEL03-5469-5308
FAX03-3797-9910
設立2009年10月23日
資本金1,000万円
代表取締役山本 啓太
事業内容・インターネット回線販売取次業務
 (KDDI auひかり正規代理店)
・テレマーケティング業務
・メディアソリューション
主要取引先・ソフトバンク株式会社
・株式会社ティーガイア
・KDDI株式会社
・マイナビ株式会社
・リクルートホールディングス
・エン・ジャパン株式会社
・パーソルキャリア株式会社
事業区分届出電気通信事業者 A-30-16786

ホームページは、こちらです。

データ容量100GB【ポケットモバイル】

ポケットモバイルのメリット

ポケットモバイルのメリットを簡潔にまとめてみました。

月額料金が市場最安級で安心

やはり、一番気になる月額料金が他社が3800円~4500円位に設定しています。
それに比べて3,718円(税込)はかなり安いことがわかります。

データ容量が無制限で気にしなくOK!

他社には月額制限があったり、3日で10GB以上使用すると速度制限がかかってしまったりして、どれくらいデータ容量を使用しているのかいつも気にしなきゃいけません。


それって煩わしいですよね。

その点、ポケットモバイルは無制限なので、動画やテレワークで毎日使用しても、データ容量を気にすることなく使うことができます。

快適なスピードでストレスフリー

人口カバー率99%以上のソフトバンク・NTTドコモ・KDDIの4G LTE回線を
使ってネットワークに接続するので
場所や状況に応じて、快適に使える回線に自動で接続してくれます。
だから基本的に国内のどこに居ても利用が可能なのです。

実測値は平均で20Mbps ネットは普通にできるレベル

ポケットモバイルのホームページをみると、
他のポケットWi-Fiと同じように、
下り最大150Mbpsの高速通信を実現と書いています。

しかし、それはあくまで最大通信速度なので、実際は、回線の混雑状況や
障害などで最大値がでることはありません。

実測値では平均で20Mbps位、良くても30Mbpsがいいところです。
ただ、20Mbps程度の通信速度があれば、動画も含めてネットは普通に
できるスピードなので問題ないでしょう。

でも、あまりにも通信環境が悪いと10Mbpsを切る可能性があります。
さすがに10Mbps以下になってくると、動画は読み込み待ちが発生して
ストレスを感じてしまうでしょう。

データ容量100GB【ポケットモバイル】

ポケットモバイルの評判(口コミ)

twitterで口コミを検索してみました。

ただ、ポケットモバイルの口コミを探してみると
口コミ件数があまりありません。

これから言えるのは、

「普通に使える」もしくは、「使っている人が少ない」のどちらかでしょう。

それでは数少ない口コミを紹介していきましょう!

100GB~150GB使用して速度制限が掛かった

どのくらい使用しての質問に、

基本的にはデータ量無制限ですが、ユーザーみんなで大量にデータ量を使用してしまうと回線がパンクしてしまうため、ある程度の使用量で速度制限が掛かるのはやむを得ないのです。

この方の口コミでは100GB~150GBで速度制限が掛かったようです。

データ量からみたYouTubeやzoomの利用可能時間

データ量 YouTube
HD(720p)
テレワーク
(zoom)
100GB 100時間 300時間
150GB 150時間 450時間

このデータから、「問題ない」という方と「足りない」と感じられる方がいると思いますが、これ以上に大量のデータを使用する場合は、そもそもモバイルWi-Fiは向いていないです。

モバイルWi-Fiより料金は高くなってしまいますが、光回線を利用した方が間違いないと思います。

まとめ

ポケットモバイルWi-Fiのメリット・デメリットをもう一度おさらいしましょう。

  • 月額料金が最安級なので安心
  • データ容量が無制限で気にしなくていい
  • 快適なスピードでストレスフリー

ポケットモバイルは、現在もまだ契約できますが、現在テレワーカーが増えている関係でいつ締め切りになるかわからないので決断は早めがおすすめです!

また新しい情報がわかったら更新します。ぜひモバイルWi-Fi選びにこの記事を参考にしてください!

それではまた。

データ容量100GB【ポケットモバイル】

コメント