【暴露】イオンモバイルの評判と現実!3年ユーザーが実際の使用感を公開します!

イオンモバイルの評判と現実を3年ユーザーが実際の使用感を公開 格安スマホ

イオンモバイルが気になっているんだけど、本当に節約できるのかな?
あと快適に使えるのかな?

こういった疑問に、イオンモバイルユーザーの僕が答えていきたいと思います。

結論から言うと、イオンモバイルは快適に使えるうえに料金も安くて最高なのでオススメできます。

この記事を読んで、後述するステップに沿って乗り換えれば、あなたが想像している、通信費を節約した悠々自適な生活をカンタンに手に入れることができますよ!

本記事でわかること

  • WiMAXのハイスピードプラスエリアモードの特徴とメリット
  • WiMAXのハイスピードプラスエリアモードの注意点

本記事の信頼性

ちなみに本記事を書いているボクは、ポケットWi-Fiなど通信機器を用いてイベントの企画や開催をしていたりするから、割と詳しいので信頼してOKです。

ボク自身、ドコモからイオンモバイルに乗り換えて現在もバリバリ使用中です。実体験から分かったメリット・デメリットをあなたに届けることができるので信頼してOKです。

ボクが感じているメリット・デメリットを要約すると以下になります。

イオンモバイル」のメリット
  • とにかく通信費が節約できる
  • 扱っている機種が多い
  • 料金プランが多いので自分に合ったプランを選べる
  • 店舗が多いので不安なところは対面で相談がしやすい
イオンモバイル」のデメリット
  • タイミングによっては通信速度が遅くなる
  • イオンモバイルではiPhoneを扱っていないので自分で準備が必要
  • キャリアメールはない

業界最安級のイオンモバイルに乗り換えようと考えているあなたにピッタリの記事だと思いますので、是非チェックしておいてください。

それでは、詳しく見ていきましょう。

イオンモバイルを使ってみてどのくらい安くなったのか

まずは月額料金の話をしますね。
もともとドコモユーザーの我が家が、イオンモバイルに乗り換えてどれくらい安くなったのかを解説します!

ドコモに払っていたのが妻と二人で月額で約8,000円

当初、ドコモで契約していたのは、定額容量が3ギガのプランで一人約4000円でした。妻と2人で同じプランを契約していたので、合わせて月額8,000円を払っていました。

当初は格安スマホの選択肢を考えたこともなく、「こんなもんでしょ。」と思っていましたが、格安スマホの事を知るにつれて「損しているかも・・・。」と考えるようになりました。

イオンモバイルに変えたら妻と二人で月額2,728円に

衝撃的に節約できました。月で約5,300円もおトクになりました。
年間で約63,000円ですよ。

軽い旅行に行けてしまうレベルで節約になったんです。
実際に浮いたお金で家族で温泉旅行に行きました。

温泉は家族みんな大好きなので最高の気分です。

イオンモバイルを選んだ2つの理由

様々な格安スマホを検討した結果、イオンモバイルにたどり着いたのですが、我が家で格安スマホを導入するうえで欠かせなかったポイントが2つありました。

  1. シェアプランがあること
  2. 近くに店舗があること

その2点を叶えてくれたのが、イオンモバイルだったのです。

ポイント①のシェアプランは、単独で契約するより絶対に節約になるので欠かせませんでした。

ポイント②近くに店舗があることの重要性は単純で、初めての格安スマホだったので不安があったからです。
やはり対面できた方が安心なので。

イオンモバイルの通信速度は遅いのか

やはり、格安スマホを使ううえで一番心配になるのが通信速度でした。

聞いたことがあると思いますよね?。格安スマホは通信速度が遅いから良くないとか。

通信が遅くて使い物にならなかったらどうしよう・・・。


なんて不安がよぎりまくってました。あなたもそうですよね。イオンモバイルに契約する前のボクも同じようにそうでした。

ドコモの店員さんに格安スマホについて脅かされた…

実際にドコモの店員さんに乗り換え検討の話をした際に、

格安スマホに乗り換えたお客様が、通信が遅いのが不満で
再度ドコモに契約された方もいますよ。

なんて脅かされました。

解約させたくないだけだろ?なんて半分思いながらも、10年以上使ってきたドコモの店員さんの言葉を完全に疑えず、一度は乗り換えを辞めたほどです。

実際にイオンモバイルの通信速度を測ってみた結果

でも、乗り換えて正解でした。生の数字を見た方が説得力があると思いますので、実際の通信速度を公表します。

時間帯 通信速度
27.6Mbps
1.27Mbps
20.6Mbps

通信速度を時間帯に分けて測定してみました。その結果、朝は27.6Mbps  昼は1.27Mbps 夜は20.6Mbpsでした。

この通信速度の快適性がどのくらいなのか以下の目安をチェックしてみてください!

インターネットの通信速度の目安

快適に利用できる通信速度の目安を載せておきますので参考にしてください。

メールやLINEの目安

128kbps~1Mpsと言われています。
イオンモバイルの昼の通信速度1.27Mbpsだと、テキストでの使用は問題なく快適です.

しかし、画像や動画などは容量が重いので、ダウンロードに時間が掛かり、少しストレスを感じます。twitterは問題なく使えました。

Webサイト閲覧の目安

1Mbps~5Mpsと言われています。なので通信速度1.27Mbpsだと、文字ベースのサイトであればストレスはないかもしれません。

しかし、画像が多めのサイトだと読み込みに時間がかかり、若干ストレスを感じます。

動画サイト閲覧の目安

5Mbps~20Mpsと言われています。ただし動画の解像度によって変わってきます。

YouTubeでは、下記のように推奨速度があります。

動画の解像度 推奨される持続的な速度
4K 20Mbps
HD 1080p 5Mbps
HD 720p 2.5Mbps
SD 480p 1.1Mbps
SD 360p 0.7Mbps
音声50GBプラン 8,980円/月

低解像度(360p)であれば、昼間の時間でもストレスなく見れます。それ以上の解像度での視聴はストレスを感じてしまいますね。

通信速度が遅い昼休みですが、ボクは影響なかったです。昼休みは同僚と会話するか本読むかブログ書くかくらいなので大丈夫です。

昼休みにオンラインゲームなどをする方は、Wi-Fi環境がないのであれば大手キャリアが一番安定してると思います。

節約はできませんけど。

イオンモバイルをおすすめできるメリット

まずはメリットの紹介をします。

メリット①料金プランが豊富

料金プランが30種類と多くあり、いろいろなシチュエーションに対応できるのが魅力です。ちなみに我が家はシェアプランを使用しています。

というより、このシェアプランが目的でイオンモバイルにしました。これによって月額料金が5,300円も安くなったのです。

イオンモバイルの通常の料金プランの目安


容量 音声プラン
月額料金(税込)
シェア音声プラン
月額料金(税込)
データプラン
月額料金(税込)
0.5GB 1,023円
1GB 1,078円 528円
2GB 1,188円 748円
3GB 1,298円 858円
4GB 1,408円 1,738円 968円
5GB 1,518円 1,848円 1,078円
6GB 1,628円 1,958円 1,188円
7GB 1,738円 2,068円 1,298円
8GB 1,848円 2,178円 1,408円
9GB 1,958円 2,288円 1,518円
10GB 2,068円 2,398円 1,628円

料金プランの目安を解説します。ご家庭にWi-Fi環境があり、外出先でLINEやSNS、少しウェブサイトを閲覧する程度なら音声2GBプランで丁度良いかなと思います。

外出先でゲーム、動画やクラウドで音楽を聴くのであれば一番人気の音声4GBプラン以上がいいかもしれません。

イオンモバイルの音声シェアプランの目安


SIMカード追加枚数 SIMカード代金(事務手数料相当額) 料金プラン 月額料金

1枚目

3000円/枚

*SIMカードの枚数に応じて必要となります。

シェア音声4GBプラン 1,780円/月
シェア音声6GBプラン 2,280円/月
シェア音声8GBプラン 2,980円/月
シェア音声12GBプラン 3,280円/月
シェア音声20GBプラン 4,280円/月
シェア音声30GBプラン 5,280円/月
シェア音声40GBプラン 6,280円/月
シェア音声50GBプラン 7,280円/月
SIMカード追加枚数 月額料金

2枚目以降

通話機能付き700円/枚 SMS機能付き140円/枚 データ追加料金なし
4枚目以降追加利用料(初月無料)200円/枚

我が家は、妻とボク2人でシェア音声4GBプランを契約しています。だから、1780円+通話機能付きSIM700円+税で2,728円となっています。

はっきり言って激安です。

通信費節約を求めてイオンモバイルに興味を持たれたかと思うので、まずは低めに設定することをおすすめします。もし足りなければプランを変更すればいいだけです。

メリット②イオンだから取扱店が身近で安心

ボクがイオンモバイルを選んだポイントの1つです。これって重要なんですよ。キャリアスマホに比べて格安スマホ取扱店が、少ないのはご存じかと思います。

遠方にしか対応できる窓口がない格安スマホの場合、ベテランユーザーであればどうってことないのかもしれませんが、格安スマホ初心者は正直不安があります。


はじめての格安スマホで万が一故障したり、使い方に困った時などはネットや電話でも対応可能なのかもしれませんが、できれば対面で相談したいですよね。

その点、イオンモバイルはイオン店舗内に窓口があるので、買い物ついでにちょっと相談してみたりできるのは便利だし、安心です。

店舗一覧はこちら です。

イオンモバイルの注意が必要なデメリット

実際に使ってみて何もデメリットがないといえば嘘になります。

どんな点に不満があるか公開します。

時間によっては通信速度が遅くなる場合がある

通信速度の見出しでお伝えしたように正直、お昼休みのタイミングが特に遅くなるので、少しイライラすることがあります。

ただ、最近仕事でzoomを使用することがあるのですが、お昼休みのタイミングでもzoomはスムーズに使用出来ました。zoomくらいは大丈夫なようです。

大手キャリアから回線を間借りしている以上、格安スマホの今のところの宿命ですね。

これが許せない方は格安スマホは向いていません。

高い料金を払ってでも大手キャリアを利用すべきです。

扱っている端末にiPhoneはない 

イオンモバイルで扱っているスマホはすべてAndroidになります。

なのでiPhoneを使いたい場合は、SIMフリーのiPhoneを準備する必要があります。

アップルストアでSIMフリーの端末のみを購入するか、現在所有しているiPhoneのSIMロックを解除してSIMフリー化するかです。

ドコモで契約したiPhoneはSIMロックの解除は不要です。そのまま使えますよ!

キャリアメールは使えなくなる

これ以外と見落としがちなのですが、キャリアメール(ドコモメール、S!メールなど)は、乗り換えた時点で使えなくなります。

ただ最近ではLINEなどが主流であまりキャリアメールの需要は減ってきているのが実情です。

メールが必要なら、既に利用している人がほとんどかもしれませんが、Googleアカウントを作ってGmailを利用しておけば絶対に便利なのでオススメです。

イオンモバイルへ乗り換える際の手順

格安スマホへの乗り換えって大変そう…って思うじゃないですか。

その思い込み、取っ払って大丈夫です!メチャクチャ簡単なんです。

僕の説明するステップに沿っていけば、通信費の節約が叶います。

店頭でイオンモバイルへ乗り換える場合

手順① MNP予約番号を現在の契約会社から手に入れる

電話番号の引継ぎが不要な方は、この手順①は飛ばして手順②に進んでください。

いま使っている電話番号を乗り換え後もそのまま使いたいのであれば、MNP(マイ・ナンバー・ポータビリティの略)サービスを利用する必要があるため、
現在の契約会社から事前にMNP予約番号を手に入れてください。

MNP予約番号の発行自体は無料です。その後に実際に乗り換えした時にMNP転出手数料が発生します。

携帯電話会社 MNP転出手数料
ドコモ 2,000円
ソフトバンク、au 3,000円

ボクはドコモユーザーだったので2000円で済みました。

さて話は戻ってMNP予約番号の入手方法は以下の3つになります。

  • 電話で入手する
  • ウェブで入手する
  • 店頭で入手する

ちなみに僕は店頭まで行くのが面倒だったので電話で予約番号を入手しました。

ドコモショップで何かしらの手続きをするといつも2~3時間位取られるイメージがあるので極力店頭には行きたくないです・・・。

MNP予約番号を入手するってことは、解約が前提なので解約の意思を面と向かって言いづらい方もいるかもしれません。

実際にどうして解約するのか?どの会社に乗り換えるのかを聞かれました。

ちょっと苦手な方は、ウェブだと気が楽かもしれません。

そんな方のために、MNP予約番号大手キャリアの電話番号とウェブサイトの場所を載せておきます。

現在契約中の携帯電話会社 MNP予約受付窓口 受付時間
NTT docomo
   
ケータイ 151 午前9時から
午後8時まで
一般電話 0120-800-000
iモード i-menu ≫ 料金&お申し込み・設定  24時間
(システムメンテナンス時間を除く)
pc My docomo(www.mydocomo.com)
au/沖縄セルラー
   
ケータイ 0077-7547 午前9時から
午後8時まで
一般電話
ez web TOP ≫  auお客さまサポート ≫ 申し込む/変更する  午前9時から
午後9時30分まで
ソフトバンク
   
ケータイ *5533 午前9時から
午後8時まで
一般電話 0800-100-5533
Yahoo!ケータイ TOP ≫ 設定・申込(My SoftBank) ≫ 各種変更手続き 午前9時から
午後9時30分まで

これができれば手順①クリアです

ちなみにMNP予約番号は発行から2週間が期限です。

契約する場合、2週間以内に行なう必要があります。
もし、期限が切れてしまった場合は再度MNP予約番号を取得してください。
もちろん無料です。

手順② 店舗へ行く

以上です。簡単です。

店舗についたらドキドキしながら店員さんに話しかけてみてくださいw

普通のキャリア店舗と同じように親切丁寧に対応してくれます。

ボクはイオンモバイルの店舗に行って、2時間後くらいには乗り換え完了しました。
イオンモバイルの店舗一覧はこちら です。

WEBでイオンモバイルへ乗り換える場合

これが一番楽な方法です。最終的に契約までしなくてもいいので、手順を一緒に確認してみましょう。

まずはココをクリックしてください。

 

まずは右上の緑枠にある「新規申し込み」をクリックしてください。すると、新規申し込みの画面に移動します。

次に商品の選択になります。上の画面に従い、選択してください。

SIMロック解除されているスマホをすでに持っていて、それを使用する場合は、SIMカードのみの申し込みでOKです。

それ以外、端末のみ欲しい方、端末+SIMセットが欲しい方は右の枠をクリックしてください。

以降の説明は、端末+SIMセットを契約するパターンの方法を解説していきます。

図をもとに順番に行きましょう!

STEP1 購入方法の選択

SIMカードは税込みで3,300円です。
シェア音声プランの場合は、2台目のSIMカードは770円で購入できます!

安いですよね~!

STEP2 回線を選択

NTTドコモ回線、もしくはau回線を選ぶことができます。
もともと使用している回線を選んだ方が安心かもしれませんね。
でなければ、NTTドコモ回線を選ぶのが無難です。

STEP3 SIMの種類を選択

通常の電話番号があるのが、音声SIMです。基本はこれになります。

データSIMは、インターネットのみで端末を使用する場合に選択してください。

STEP4 端末の選択

さあ、肝心の端末選びです。イオンモバイルの取り扱っている端末はかなり多いので正直迷います。

NTTドコモ回線なら28機種、au回線であれば24機種から選ぶことが可能です。価格も1万円台から9万円台まであります。

もちろん分割払いもOKです。

こちらにイオンモバイルの端末情報のリンクを貼っておきますので

確認してみてください。

イオンモバイル|イオンの格安スマホ・格安SIM
月額税込528円~。豊富な料金プランをご用意。全国200店舗以上のイオンでも購入できる格安スマホ・格安SIMを販売中!

まとめ

もう一度イオンモバイルのメリット・デメリットを載せます。

イオンモバイル」のメリット
  • とにかく通信費が節約できる
  • 扱っている機種が多い
  • 料金プランが多いので自分に合ったプランを選べる
  • 店舗が多いので不安なところは対面で相談がしやすい
イオンモバイル」のデメリット
  • タイミングによっては通信速度が遅くなる
  • イオンモバイルではiPhoneを扱っていないので自分で準備が必要
  • キャリアメールはない

とにかく、コスパを考え、理想の節約生活を得たいのであれば、イオンモバイルを選ぶ価値はあると思います。

ボクは今後もイオンモバイルを継続して利用する予定なので、情報があればまた次回に記事を書きたいと思います。

ではまた。

コメント